スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yiiでクラスが見つからないと怒られるとき

Yii::import( "some.path.to.Class" );

要するに、これだけ。

遭遇したのがCTimeStampBehaviorをちょっくらいじくって小クラスを作ろうとしたとき、

include(CTimestampBehavior.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory

なんて怒られた。
最初は該当するファイルを直接パスを書いてrequireして解決したのだけれど、きれいじゃないので調べてみたら解決策は、簡単に見つかった。

 
Yii::import( 'zii.behaviors.CTimestampBehavior');
 
class CTimestampBehaviorEx extends CTimestampBehavior {
  // 中身は略	
}

としただけ。
なんだかんだで、Yiiを使い出して半年以上。
すべてに満足というわけではないけれど、なかなか面白いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takakino

Author:takakino
長いことPHPとかJavaとか、その昔はPerlとか。Webのシステム屋をずーっとやってきました。
最近Scalaにはまっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Yii (5)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
Twitterこそこそやってます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。